沖縄の旬の食材|島らっきょう

株式会社琉球フロント沖縄です。
沖縄の今の旬な食材と言えば「島らっきょう」です。
シャキシャキの歯ごたえと、独特の辛みが後を引く島野菜、「島らっきょう」を食べたことがありますか?
本州のらっきょうと比べると小ぶりですが、「香り」「辛み」が強いのが特徴ですよ。
沖縄のスーパーマーケットやファーマーズなどで並んで販売されています。
今は通販しているところも多くなり、全国どこでも旬な島らっきょうを食べることができます。

島らっきょう

島らっきょうの歴史と旬の時期

島らっきょう

島らっきょうは、平安時代に中国から薬として沖縄に伝来したと言われています。
平安時代といわれてもピンとこないですが、それぐらい昔からある農産物のようですね。
島らっきょうの収穫は12月末から5月上旬なので、流通するのは1月下旬からなるでしょうか。
ですので旬と言える時期は「2月頃から4月頃」が一般的になります。

島らっきょうの栄養と効能

島らっきょう

疲労回復と滋養強壮に効くアリシン

島らっきょうには、「アリシン」と呼ばれる栄養成分が多く含まれていて、これが独特の強いにおいの元になっています。
「アリシン」は体内でビタミンB1と結び付いて「アリチアミン」という成分を作り、糖質をエネルギーに変える働きをします。
この働きが 疲労回復や滋養強壮の効能に繋がると言われています。

血液サラサラで生活習慣病予防に効くアデノシン

アデノシンは血管を広げて血行を促進することで、血液がサラサラになることで血栓ができにくくなり、 動脈硬化や高血圧の予防にも効果的と言われています。

整腸作用・便秘解消に効くフルクタン

島らっきょうにはフルクタンと呼ばれる食物繊維がたっぷり含まれており、キャベツやごぼうよりもはるかに多く、腸内環境を整えて便秘解消の効能があると言われています。
また、血糖値の上昇を抑え、コレステロール値を下げる効能もあり、美容や健康にぴったりな栄養成分がフルクタンです。

島らっきょうの食べすぎには注意!

島らっきょう

ここまで栄養や効能が高く、しかも美味しい島らっきょうですが、食べ過ぎにはご注意ください。
島らっきょうに含まれているアリシンには強力な殺菌・抗菌作用がありますので、
食べ過ぎると胃の粘膜が刺激されて胃腸が荒れ、腹痛や下痢の原因になります。
特に生で食べすぎるとある程度で胃もたれしてきます。
また、アリシンは臭いの元でもあるので、口臭・体臭の原因にもなってしまいます。
お酒のおつまみなどにすると、おつまみとして止められなくなりますがほどほどにお願いいたします。

島らっきょうのオススメの食べ方

島らっきょう

島らっきょうのオススメの食べ方は昨年のブログにてご紹介させていただいております。
よろしければ、下記リンクの記事をご参照ください。

島らっきょう注文開始|2月下旬より順次発送

旬の食材|島らっきょうはオンラインショップから

島らっきょうは琉球フロントオンラインショップでもお取り扱い中ですよ。
1kg(500gx2束)から販売中になります!
季節限定の農産物ですので、島らっきょうの流通には期間がございます。
また、下記の注意点をご確認いただき、お買い求めいだければと思います。

 

<ご注文の前に必ずご確認下さい>
天候により収穫が左右される為、お届けまでお時間を頂く場合がございます。
また、お届け日の指定は、出来ません。予めご了承下さい。
天候などの理由により入荷がない場合には、お届けまで2週間前後を要する場合がございます。
収穫時期により”葉っぱ”の色などが写真と異なる場合がございます。 予めご了承ください。