首里城再建支援

<出来る事から始める>

2019年10月30日未明

沖縄のシンボルであり

沖縄県民の心のよりどころであると改めで認識された

「首里城」

火災後場内や近隣で商売商売をしていた方々は経営が窮地に・・・

商工会議所の主催で

首里城界隈で商売する方々の相談窓口が設けられ

沢山の経営者の方々が訪れる

その会場を取材でTVやラジオが放映

たまたまそれを見ていたところ

これまで取引のあるちんすこうメーカーの担当者が取材を受ける

その会社は創業から一つ一つ手作りでちんすこうをつくる

「新垣カミ菓子店」

そのコメントを聞いて私たちに何かできる事は無いかと考え

担当者の伊波さんと打ち合わせ

伊波さん曰く、一番の売先が無くなり

製造も半減・・・一緒に働くパートの生活を考えると

夜も眠れない

そこで、私たちが資材(包装紙)を作るので弊社の販売ルートを使って

卸を強化し製造量をUPすることを考える

さらに、パッケージを首里城を前面に出して

売上の一部を首里城再建のために弊社が寄付しますという事で

話がまとまり4月に販売開始!

残念なことに発売と同時にコロナの影響で現在はほとんど売れておりませんが

これから観光客が増え少しずつ貢献できると確信しております。

新垣カミ菓子店のちんすこうは

口当たり柔らかく口どけが良いのが特徴

国産小麦粉と国産ラードを使用し

お子様からご年配まで幅広く好まれる味わいです。

おやつとしてはもちろんですが

ご購入頂く事で首里城再建に一個あたり5円寄付させていただきます。

2026年首里城再建に向けて是非ご協力お願い致します。

尚、寄付金は3か月単位で集計し沖縄県庁土木建築部へ振込させていただきます。

>>オンラインショップから購入することもできます

 

 

 

Follow me!

前の記事

周辺の草刈り作業